看護師 求人 大阪市

大阪市の求人はこんなのが多い

大阪市はバラエティにとんだ求人になっています

大阪市では、看護師の求人を出すにあたって、ケースバイケースでの対応を心がけています。つまり、求人にいろんな可能性を膨らませた書き方をしているのです。例えば正社員のみの求人ではなく、夜勤専従や日勤パートも相談に応じますと書かれていたり、日勤のみ、夜勤のみでの正社員も採用していますと書かれていたりします。つまり、いろんな可能性があることを看護師にアピールし、とりあえずは面接にきてほしいという求人なのです。

良いように書いてある求人には要注意

大阪市の特徴として、若干誇張した求人が多いです。つまり、実際に面接にいくと、その条件はもう埋まったなどで、結局は通常のシフト制の正社員になってしまったというケースもあります。というのも、大阪市の看護部長は面接にくる看護師を丸め込んで病院が最も求める形での採用にもっていこうとするのです。面接時に自分の希望や考えをはっきりと述べることは難しいですが、はっきりと言えないと、看護部長の考えを押し付けられて、看護部長が言う条件での採用になってしまうのです。大阪市では交渉がものすごく大切になります。交渉で勝つことができれば、希望条件で勤務することができますが、交渉で負けると希望しない条件になってしまいます。その時に辞退すれば良いのですが、この流れになると入職しないといけないように感じてしまっています。1人で心配であれば人材紹介会社を利用するのもいいかもしれませんね。